短期間で痩せたいならケトジェニックダイエットで間違いなし!

ダイエットをしてもなかなか痩せないという人はいませんか?たくさん運動をしているのに、頑張って食事制限をしているのにとにかく痩せない、リバウンドを繰り返してしまうという人はいませんか?そんな方にはケトジェニックダイエットがオススメです。この方法は特に短期間で痩せたい人、とにかく身体を引き締めたいという人には必見のダイエット法です。通常私達の身体はエネルギーを消費するときに糖質を栄養源としてエネルギーを消費します。

 

 

しかし、糖質の摂取量を制限することで、エネルギー源を糖質から脂肪へと変化させるのです。これによりなかなか燃焼されにくい脂肪が燃えやすい体質になり、痩せやすい身体へと変化します。1日の糖質の摂取量や体質にもよりますが、大抵の場合、ケトジェニックダイエットを開始して1か月もすれば、体型に変化が見えてきます。

 

 

ケトジェニックダイエットのルールはたった1つだけで、“1日の糖質の摂取量を20gまでとする”ということです(私が実施しているケトジェニックダイエットの場合20gとしていますが、摂取する糖質の量は、人によっても異なり10~50gの範囲が一般的です)。このルールを守っていれば、徹底的なカロリー制限をすることなく、食べたいものを食べたいだけ食べていいのです。

 

 

これまで厳しい食事制限をしていた人からすると信じられないでしょう。ケトジェニックダイエット中に摂取してよい食材の例は、魚(サーモン、ツナ、いわし)、肉(鶏肉、豚肉、牛肉、)、ナッツ、アボカド、オイル(バター、オリーブオイル、種子バター)、葉物野菜、キャベツ、ズッキーニ、ピーマン、アスパラガス、きのこ、大豆、卵などです。

 

 

反対に摂取するのが望ましくないとされるのが、ごはん、パン、パスタ、シリアル、クラッカー、麺類、粉もの、根菜類、じゃがいも、さつまいも、バナナ、チョコレート、はちみつ、ヨーグルト、お菓子類です。ごはんが主食の日本人からするとお米が食べれないのはきついかもしれませんが、野菜やお肉だけでも時間をかけて食べればきちんと満腹感を得ることができます。

 

 

また他のダイエットと違って、基本的に糖質以外は摂取することに制限はないため、空腹感に悩まされることがないのも魅力的な特徴です。食べる量に制限があると、ある時をきっかけにドカ食いしたり、暴飲暴食に走り、リバウンドしてしまったということもよくあります。また摂取してよい食材を見てみると、ほとんどが簡単な調理をするだけで食べれるものです。

 

 

それとは対照的に摂取するのが望ましくない食材は人工的なものや加工食品が多いことから、ケトジェニックダイエットを取り入れることで、食生活が自然とヘルシーになります。この方法を実施していたら、短期間で引き締まった身体を手に入れることができます。私はケトジェニックダイエットのおかげでシックスパックを手に入れました。