あいかわらずの昭和体型ですが、チビデブと言われなくなった理由

私は31歳主婦です。私の体型はまさにTHE昭和体型。背は低く、頭は大きく手足は短いです
そんな私は小さい頃はチビデブとよく姉たちからかわれていました。自分でもチビデブだなぁと思っていましたし男勝りに育ちました。

 

思春期は部活に精を出し、よく食べ筋肉もモリモリでチビデブというよりチビモリになっていました。

 

髪の毛をアレンジするのが好きだった私は美容の世界に足を踏み入るべく専門学校に通い始めましたがその頃からだんだんと自分の身なりが気になり始めました。

 

おしゃれもするようになりましたが、まずこの体型がおしゃれではない。と、わかってはいましたがあいかわらずの食欲旺盛で痩せることはなく就職。 朝から晩までのハードな仕事でしたが夜遅くに仕事が終わるためそれからガッツリと夕食を摂る生活が毎日続きました。ストレスからなぜか体はこってりラーメンを求め、あれよあれよというまにおデブちゃんに。ノースリーブを着て二の腕を出そうもうならレスラーのような出で立ちになってしまいました。仕事は忙しく、しかし夜遊びもしたい。睡眠不足や肌荒れなどで少し体に異変を感じていました。いつもイライラして家族にあたり、体を壊し医者通いをするように。
このままではいけないと、自分の生活を改める事を決めたのが21歳。

 

まずは夜遊びを控え、しっかり寝ることを心がけるように。睡眠を確保できるようになると心に余裕が出てきました。いつも寝不足だったため朝はギリギリに起きていましたが早めに起床し朝ごはんをしっかり食べ出勤。仕事を終えたらすぐに帰り母の作ってくれた夕食を食べ11時には寝る。もちろん毎日すぐ家に帰るだけでは楽しみがないので休みの前の日くらいは飲みに出かけリフレッシュしたりしました。

 

こんな生活を繰り返していくうちに徐々に体重は減っていきました。一気に体重が減ったわけではなく何ヶ月、何年とかけて少しずつ減っていきました。ダイエットをしようと思ったわけではないですが自然ダイエットとなりました。

 

それから10年経ちましたが今でも規則正しい生活をし、油を控えた和食料理を毎日食べています。子供が生まれてからは更に規則正しくなり21時には寝てしまう日々。

 

あいかわらずの昭和体型ですが、もうチビデブとは言われません。

 

学生時代の友人は今の私を見て、痩せたよね?。と、みな言います。どうやって痩せたのかと聞かれますが、いつも私はこう言います。

 

「規則正しく生活をすることだよ!!」