規則正しい生活リズムだけでは妊娠できない?

赤ちゃんとの生活をめざし、妊娠活動に励む女性の皆さんは、すでに食生活など、健康によくよく気を使っていらっしゃると思います。それに加えて、規則正しい生活リズムや十分な休養(睡眠時間)などは『妊娠しやすい体づくり』に欠かせない要素ですが、そこに加えてもう一押しできるポイントをご紹介します。

 

ダイエットをする方の間でよく言われることですが、「朝、ジョギングやウォーキングをすると、体温が上がって基礎代謝が活発になり、やせやすい体質になる」というのは本当です。どうせ同じ運動をするならば、起きてから間もない朝のうちにしてしまうと、その日一日、就寝するまで基礎体温の上昇と、代謝の良さが持続するのです。

 

このことを、妊活にも有効に応用することができるのです。と言うのは、栄養面などに比べて見落とされがちですが、「女性の基礎体温の高さ」というのは妊娠に絶大な影響を及ぼすものなのです。冷え性気味でいつも寒い思いをしている、という身体よりも、できるだけ温かい体を維持したほうが、赤ちゃんを迎え入れ、保護する意味でもベターです。

 

と言うわけで、妊活のためにすでに何か軽運動をされている、という方には、ぜひ朝のうちに行うことをお勧めします。汗をかいた体が冷えないように十分注意して、温まった体を一日維持できるよう、活発に過ごしましょう。

 

また、運動は苦手であえて何かをするのはちょっと…と言う方には、「朝お掃除」の習慣はいかがでしょうか。一日の家事を、お掃除から始めるように変えてみるだけです。ちょっとだけ早起きして、出勤前に水回りをささっときれいに…という位でもばっちりです。こう見えてお掃除はけっこうな運動量の活動ですから、立派な「軽運動」なみに基礎体温・基礎代謝は上昇するのです。

 

また、実際の出産後は24時間体制での乳児つきっきり体制になりますから、「あー、家が汚い」と思っても容易に掃除の機会がとれなくなる、という場合もあります。今から少しづつ、簡単シンプルなお掃除や片づけを日常的な習慣にするようにしておけば、後々に精神的な負担を軽減するのに役立つでしょう。

 

一日を元気に、健やかに過ごすためにもとてもおすすめな「朝の運動」。身体を温め、妊娠へのエネルギーを増大させるためにも、是非お試しください!